ポラン広場の投稿について

1、この掲示板はサークルフォォトD会員専用のデジタル写真作品を掲載するものです。
 会員専用ですから投稿キーがパスワードになっています。新会員の方は代表または幹事の方に会員コードをお聞き下さい。
2、画像の書き込み注意は掲示板の表題・ポランの広場の下欄にある[留意事項]を読んでから書き込みしてください。
3、1回の投稿は1枚です。画像の大きさは縦横540PXを超えると自動で縮小されますが、必ず最大投稿データ量(488KB)には注意してください。また、短時間の連続書き込みは受け付けません。
4、画像を添付する場合は写真のタイトル・簡単な説明またはコメントなどを記入してください。
  また、EXIFでーたがない写真は「カメラ名,撮影年月日,撮影データ」などをコメントに加えて記入されるといいですね。
5、返信にも画像が添付できます。
6、パスワードの入力は必ずつけてください。投稿してから全て削除や誤字訂正などにも使えます。
7、このサイトは会員皆さんのものです。軽い気持ちで、まず画像を添付して楽しみましょう。
8、広場に画像を載せる方法
 ポランの広場を開くと最初に投稿画面があります。その中に添付Fileと言う項目の右側にある参照ボタンをクリックしてください。
 クリックすると添付ファイルの場所を聞いてくるので、貴方の添付したい画像ファイルがあるフォルダを開いてその中の画像ファイルをクリックすると参照ボタンの左側にある窓のなかに保存フォルダの場所と画像ファイルの名前が自動的に入ります。
 後は、その他の記入箇所を点検して、投稿に必要なおなまえ・題名・投稿キー・コメント(この項目を書かないとエラーになります)とパスワードを書いて投稿するボタンを押せば投稿完了です。
 投稿マニュアルは「投稿の手順」に詳しく記載されています。

画像縮小方法について

画像の縮小方法
画像をお持ちのソフトで縦最大570ピクセルにサイズにして横サイズは原版の縦横比率で縮小してください。
なお、画像の名前は空白を入れないでアルハベット、数値、記号の小文字とし、拡張子はjpgにしてください。
◎縮小の方法   AdobiPhotoSopELなどノソフトがありますがここではWindowsの付属しているアクセサリー野中のペイントを使うことをお勧めします。
○アクセサリのペイントの方法
 1、古いWindowsのペイント ペイントソフトを起動して「編集」の「ファイルから貼り付け」を左クリックしてサブメニューから画像の保存場所を選択して「開く」をクリック、画像を開きます。
画像が開いたらメニュー画面の「変形」を左クリックしそのサブメニューから、まず最初に「キャンバスの色とサイズ」を選んで左クリックすると画像の大きさが数字で出ている。この中の幅の数値を画像の横幅500とするときは500を割った数字を控えておく。次に「伸縮と傾き」をクリックして「水平方向」と「垂直方向」の数値を控えた数字に置き換えると希望した横500に縮小されます。
後は、この画像を自分のファイルに保存して下さい。
 2、最近のペイント はWindows8の場合ではワードやエクセルと同じようにメニューの欄が大きく変更されています。
下の画像はペイントで画像を開き、メニューの中のサイズ変更をクリックした状態です。
*画像のファイルは下記画面のファイルをクリックして表示されるサブウインドウからご自分でしまったフォルダーを指定して開いてください。
 もしくは画像を右クリックして「プログラムから開く」の中のペイントを選ぶとペイントが起動して選んだ画像も開きます。

サイズ変更のウィンドウの中でパーセントの窓が黒くなっていますがピクセルの窓をクリックして●を移動します。
次に、垂直の欄に570と書き込みます。横の欄は開いている画像の比率で自動的に記入されます。
OKボタンを押して縮小が完了します。
このファイルを自分で決めたフォルダーに保存してポランの投稿に使います。オンライン作品展の写真やギャラリーの写真も同じサイズですから方法は同じです。

○フリーソフト「縮小専門」による方法
縮小専用http://i-section.net/software/shukusen/ があります。とても簡単に画像を縮小できます。

上記はソフトをダンローして起動した画面です。
「指定の範囲内にピクセルを収める」の画像では60×40と記入されたところに857×570と記入、これは高さを570として
横の長さを原版の比率で計算して記入します。
「オプション」ではJPEG量子化率を指定が●になっていますがファイルサイズを指定としてポランでは最大容量を488KBに指定しているのでこの値を入れておくと容量オーバーになりません。JPEG量子化率は高い方が原版に近い解像度になります。
ファイルにSをつけて保存にすると原版のフォルダにファイルにSがついてほぞんされます。

どのソフトでもよいのですが写真のEXIFデータが縮小専用の場合は消えてしまいます。したがってペイントでの縮小を推薦します。
 なお、当たり前のことですが画像の現像は縮小する前の原版で行って縮小してからはいじらないようにしましょう。

ホームへ